■2017年8月19~20日琵琶湖チャプタープラ⑥~泣いても笑っても・・・~

バイトが遠い中、打ち続けるとようやくコツッ・・・と入った。

せーの、で合わすとズシッと乗って出て来たのは45cmクラスのグッドサイズでした。

170820 (18) いいフッキングでした

この後も打ち続けるがノーバイトでお昼でタイムアップ。

170820 (23) まあまあ疲れました

しかし暑い。

晴天の場合はパンチショットも効果がありそうだが、この一週間でどう変わるかがキーかと思う。

170820 (25) このサイズでは・・だが

どうせなら一気に寒くなってターンでグチャグチャも良いかと。

パンチショットの打ち合いになるとこのサイズではまだまだ足らないだろうからね。

みんなどこからあんなサイズを釣ってくるのかね、不思議でしょうがない。

だがもう泣いても笑っても今週末が最終戦。

悔いはある今シーズンだがしっかりと戦って終わりたく思う。

それでは参加者の皆さん、会場でお会いしましょう。

シーヤ!

■2017年8月19~20日琵琶湖チャプタープラ⑤~日曜日は大混雑~

明けて20日。何とか8時半に出撃。

170820 (5) 今日も暑い

この日は前日の煮詰め。

前日同様南部からのスタート。

170820 (13) 今度は取り返すぞ、と

今回は気合を入れて攻めると絵に描いた様なバイト!

今度はしっかりランディングし、キロアップをゲッツ!

170820 (7) やった!リベンジ成功!!

オイラにとっては上出来な滑り出し。

170820 (8) マメですな・・

もう一本マメを追加して下物へムーブ。

170820 (20) 決戦開始!

やはり下物は激戦であった。

良さそうなポイントはだいたい誰かが浮いていて打ち切れない厳しい状況であった。。

■2017年8月19~20日琵琶湖チャプタープラ④~コツを掴んだか?~

一本獲ってコンフィデンスを深めたオイラは集中して打ち続けた。

するとまたもバイト!やや小ぶりだが1700gフィッシュ。

170819 (27) うっほほ~い!

続いてキロ弱を追加。

170819 (35) このシンカーは最高だ

夕方はオイラの夏の楽しみのトップ大作戦を敢行するもノーバイト。

170819 (41) 最近は夕方の爆発が無いですな

結局これで19日は終了。

170819 (45) まあまあな成果でした

19日はミスも多かったが、掴んだ事もあり明日に持ち越す事となった。。

■2017年8月19~20日琵琶湖チャプタープラ③~ミスの後の2キロフィッシュ!~

二ヶ所目で下物へ入るが大激戦。

今年好調な489場を中心に目で探しながらパンチショットで打ち始めた。

打ち始めた5分後ぐらいにウソやろ?なバイト!

心と体の準備が出来ていず、アワセが中途ハンパでジャンプ一発でフックオフ・・・

今日はミス連発やなぁ・・とプラで良かったという変な慰めをしつつ打ち続けた。

ノーバイト地獄が延々続き、ボートが無くなった夕刻近くにその時は訪れた。

コツッ!・・

?!

あれ?・・・吐き出した?・・・

少し気持ちシェイクしてみる。

ココココ・・・・!とラインが走り出しせ~の、で大アワセ!

このアワセで右ひじにアザが出来た。。

170819 (48) 今は青くなってます・・

ズッタンバッタン暴れて上がってきたのは50㎝オーバーの約2キロフィッシュでした。

170819 (24) カーペットを濡らして撮影しました

ワームはエコのベイトブレスさんの8インチのストレートワーム。

竿はフェンウィックのエリートの71Hだが、コイツはオールスターに比べて曲がり過ぎるのでややアワセが決まりにくい。

まぁ慣れが必要だろうが。。。

■2017年8月19~20日琵琶湖チャプタープラ②~ミス連発~

今回は全域を見て回ろうとまずは最南端に向かった。

170819 (12) ニゴってました

六本柱あたりからニゴリがきつめで、最南端に着いたらボートがほとんど居ず釣れてないんだなぁ・・・と思いつつ釣り開始。

170819 (14) さてと・・・

だがここでオイラはミスを連発する。

ランディング寸前のフックオフ、ラインブレイク、合わせても乗らず、と一本も獲れずに北上する事になった。。

■2017年8月19~20日琵琶湖チャプタープラ①~灼熱の琵琶湖にアタック!~

皆さん毎度です、MADです。

170819 (23) 灼熱です!

エンジンも直ったので来週の琵琶湖チャプター最終戦に向けてのプラに土日の両日とも出撃してきました。

170819 (26) 結局パンチプラでした

まずは19日から。

170819 (5) お昼前に出撃!

相変わらず週末は起きれずにお昼前にマリーナに到着。

そそくさと準備をして出発。

170819 (11) やっぱ気持ちいいーー!!

陸上で準備をしているだけで汗が滝の様に落ちてくるが、湖上へ出てバスボートで走行すると快適。

オイラは微風の中、琵琶湖を南下していったのだった。。。

■2017年8月16日エンジン復活編④~かなりYABAI状況~

せっかく出撃したので久々のプラに勤しんでみた。

170816 (17) 増水時はシャロー、ってね

雲っていたので期待したが、ノーバイト。シャローを見切り、下物へムーブ。

170816 (22) 晴れてきました

曇りを期待したが、晴れてきてパンチショットが有力か?

マメのバイトも無く生命感を感じない。今の琵琶湖ってこんなんなの?

170816 (36) イドゥーします

下物を見切り名鉄周辺やボディウォーターを攻めるが完全ノーバイトで終了。

170816 (29) かなりYABAIのが解りました

台風や雨の影響か小バスも含めた生命感の無さが気になりましたな。

今週末も出撃してまだまだ煮詰めないといけませんな、これは。

皆さんも難しい琵琶湖を堪能して下さい。

シーヤ!

P.S.ここもシール交換しました(記憶用です)
170816 (30) 

■2017年8月16日エンジン復活編③~PSIメーターの動き~

続いてドキドキの出撃。

170816 (7) 久々です

エンジンは一発始動。それより問題はコイツだ。

170816 (9) このメーターを注視しないと!

マリーナを出ようとちょっとアクセルを踏んだらメーターの針がビンビン動く。

オイラはうれしくなって琵琶湖大橋を超えて走り回ってしまった。

170816 (13) わーい!

エンジンは快調。PSIメーターもアクセルにリニアに反応。

こんなに針ってビンビン動くんだ、の不思議。

170816 (16) アクセルを戻すとチョロチョロ

冷却水の出もアクセルを踏んだらビョー!、戻したらチョロチョロとアクセルと連動している感じが今までに無い感覚。

これが本来の調子なんだろうな、と今までの荒い使い方を反省。

今回のトラブルの原因はアングラーズイン時代の浜刺しだろう。

今後は浜刺しはダメ、ゼッタイ、ですな。。。

■2017年8月16日エンジン復活編②~トラブル報告~

まずは今回のトラブルを報告しておこう。

オイラはネットで英語のHPも含めてトラブルを想定してみた。

想像出来るのは冷却水の系統に砂と異物が入り込んだので、どこで引っかかっているか?だった。

怪しいのはこの三ヶ所。

parts (3) 画像例1:サーモスタット
parts (2) 画像例2:エンジンの上と下の繋ぎ目
parts (1) 画像例3:インペラーハウジング周辺

と、いうのがオイラの予想。

いずれにせよ船外機というのは冷却水を外部からの循環に頼っているので異物の混入は避けられない。

逆に何でこんな構造にしたんだ?と思う時がある。

今回ボートカバーを外すとやっぱり、な残骸が置いてあった。

170816 (3) サーモスタット!

コイツを持ってTKY氏に今回のトラブルを聞くと全体的に砂と貝とウィードのカスが回ってしまっていたそうである。

このサーモスタットもウィードのカスが詰まっていたそうで、その他PSIメーターのホースにまで砂が混入していたそうである。

シリンダーヘッドまで外していただいたのでオイラはガスケットやパッキン類はすべて交換しておいて、とリクエストしておいた。

よって交換部品は相当数に及んだ。

170816 (39) 勉強しとかないとね・・

オイラもドイツ車に乗っているので、こういった経年劣化の樹脂部品の交換の重要さは理解しているつもり。

だが船外機はたった2000円程度の部品の交換にかなりの分解を必要としたりするやっかいなシロモノなのであった。

今回は幸いな事に決定的なトラブルになる前に手を出せたので大変有意義なメンテとなった。

これはラッキーだったと思うべきでしょうな。。。

■2017年8月16日エンジン復活編①~奇跡の復活!~

皆さん毎度です、MADです。

本日までオイラはレミー・ボンヤスミーでしたが、皆さまはいかがお過ごしですか?

170816 (14) エンジン復活!

冷却水系の深刻なトラブルのため、今年のボンヤスミーは出撃を想定せず当ブログの整理(写真のサイズ直し)とか御先祖様へのお墓参り等をして過ごしていた。

そんなボンヤスミーの最終日を前にした15日に我がマリーナより着信。

何と我が愛艇のエンジンが復活したというではないか!

一も二も無く翌日の16日に愛艇に会いに行った。

170816 (2) おー、治ったかー!

今回は我がマリーナのTKY氏以下、スタッフの方々のおかげである。

ここに改めて謝意を示そうと思う。

皆さんもマリーナに迷ったら是非我がRUSHマリーナへお越し下さいませ。

オイラが太鼓判を押しましょう。

プロフィール

MADFISHER

Author:MADFISHER
生年月日:マイケル・アイコネリの次の日、深江真一の前の日
住所:京都→大阪→新宿→八王子→京都
副業:鬼の○物取引営業→仏の○身売買営業
本業:バス釣り、ブログ更新
愛艇:2001年型レンジャーR81VS「ブラックシープ号」
エンジン:2003年型マーキュリーオプティマックス150PS
愛車:2003年型 BMW318iツーリング(E46型) 通称:ブラックサファイア号
自己記録:60cm、4000g(湖西の河口にて)
得意な釣り:1/16ozジグヘッド、マキマキ、POP-R、ネコリグ?
得意技:周りに釣り運を与える、夢想天声
好きなバスプロ:ゼル・ローランド、今江克隆、下野正希、田辺哲男、ゲンさん
愛称:マッドさん
NBCトーナメントデビュー:2002年2月24日京都チャプター第一戦
主な戦績:
2003年2月11日京都チャプター第二戦優勝
2004年9月19日琵琶湖チャプター第五戦優勝
2009年11月8日ポパイバスボートオーナーズカップ優勝

以下奮闘中。。。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR