■2018年5月20日BMW整備編②~ここ漏れとんな~

久々に佐々木のおやっさんに会うと

「初心者マークを付けた新規の客かと思ったわ」

とオイラと解らなかったそうだ。

オイラに起こった事件を説明し、ボンネットを開けて冷却水漏れの相談をした。

するとおやっさんは鋭い指摘をしてきた。

「ここ漏れとんな」

bmw180520 (14) 次はココかーー!

よく見ると確かにオイルが漏れている。

実はこのオイルフィルターハウジングのパッキンからのオイル漏れはE46型の定番トラブル。

パッキン自体は1000円~2000円程度だが、YABAIのはこのハウジングの下にオルタネーターがある事だ。

オルタがオイルでビチャビチャになったら終わり。10万円コースだ。

迷わずメンテを依頼した。

本日日曜日に釣りに行って早めに上がったのは車をおやっさんに届けるためだったのだ。

IMG_1236.jpg 日曜日は定休日です

日曜日は定休日だが、オイラは常連なのもあり受け取ってくれる。

もちろん事前に打ち合わせないとイカンが。

IMG_1239.jpg 元気になって帰って来いよー

仕上がりは来週土曜日。

BMWはとにかくゴムとプラスチック系の部品が弱いですな。

外車やバスボートとの付き合いに信頼出来るメカニック・工場との出会いは欠かせない。

この佐々木さんとももうすぐ10年の付き合いだが、良い出会いだったと思う。

我がマリーナのTKY氏と並んでオイラには欠かせないサポーターである。

皆さんも信頼出来るメカを見つける目を養いましょう。

何でもかんでも新品・買い替えを勧めるメカもいまっさかいな。

それでは皆さん、またフィールドでお会いしましょう。

シーヤ!

■2018年5月20日BMW整備編①~色々ほったらかしてました~

お次は陸上のAIBO編。

IMG_1242.jpg この汚れが始まりでした

修理しようとして運転免許の大事件が勃発し、放置していたのが冷却水のお漏らし。

部品は仕入れていたのでついでに他の部分もメンテを行う事にした。

bmw180520 (1) 今回はレンズ系です

実は数年前からやらなきゃいけないな、と思いつつ放置していたのがこの部分だった。

bmw180520 (7) 全然違いますね

もう何年も前から曇ってるな、と思っていたのだ。

拭いても変わらないので交換しかないとようやく重い腰を上げた次第。

ついでにサイドマーカーも交換へ。

bmw180520 (5) こちらはもっとひどいですね

この交換のため、19日の土曜日にいつもの佐々木のおやっさんの所へ訪問したのだった。

bmw180520 (9) 久々にやって来ました

■2018年5月20日フリーフィッシング④~乾燥時の感想・・・~

今回はボートの手入れも目的でした。

180520 (64) これがまためんどくさいのだ

前週に大雨でカーペットとかがビショビショだったからだ。

180520 (67) しばし乾燥

実はバスボートで一番大事なのは「定期的に出撃する事」であった。

前週の雨の湿気も快晴の湖上で釣りをするのが一番の乾燥法だ。

しかしこの乾燥時に新たなボートのトラブル?を発見した。

バスボートを維持するのは並大抵以上の情熱か財力(笑)のどちらかが必要と感じる。

180520 (68) そーいやオイラもしつこいね

オイラは自身が動く事で何とか節約し、維持出来ている。

本日のトラブルはまた後日報告します。

次は陸上のAIBO編をお届けしましょう。

■2018年5月20日フリーフィッシング➂~やはり沖か?~

まずは前週の復習を、と下物シャローへ入る。

ここ!というところでバイト!

180520 (31) エビモでした

うほほ~い、と引きを楽しむがサイズは西岸同様のボロボロアフター。

180520 (41) 今日はREALIS帽

ここでもう一本追加したが、飽きたんで沖に出てみた。

結構な沖で流し始めるとカツーン!とバイト。

180520 (50) まあまあ引きました

この日はネットを使わず充分に弱らせてのハンドランディング。

180520 (56) コンディションが良かったです

沖の方がハラボテで重い個体が多い印象。

お尻が赤かったがプリ?なわけねーか。とか思いつつ14時で終了。

180520 (62) とにかくいい天気でした

自由に楽しむ、と言いつつ結局はフィールドの検証をしてしまっていた。

180520 (65) よく釣れました

やはり沖を重点的にやった方がいいと感じた。

次戦はバッチリ沖に出ているだろうしね。

と、結局はプラでしたな。。。

■2018年5月20日フリーフィッシング②~ゲロやせアフター二連発~

最南端でスカを食らったオイラはいつもの下物へ行かずに西岸をチェックしに入った。

有名な旧アングラーズインの南側へ入り、なんちゃって地形サイトでヘビダン打ち。

するとカツン!と入った。

180520 (17) 久々のヘビダンフィッシュ!

この時期特有の突っ込みを見せるが、サイズは普通のアフターオス君でした。

180520 (18) でもうれしい一本目

サイズはイマイチだが今日のオイラは純粋に釣れりゃOK。

ドンドコ打っていったら更にバイト!

180520 (21) ちょっと沖目でした

結構走るのだがコイツも普通サイズ。

180520 (24) このエリアはこのサイズですな

完全に見えているわけでは無いが、このおニューの偏光グラスは水色の微妙な濃淡を見事に浮かび上がらせてくれる。

眼科医まで行ったかいがあったぜ。

180520 (26) 西岸はイマイチでした

その後もう一ヶ所西岸を回ったが、イマイチだったんで昼前に本命の下物へと向かった。。。

■2018年5月20日フリーフィッシング①~久々に釣りを楽しもう~

皆さん毎度です、MADです。

本日は琵琶湖に出撃して来ました。

180520 (38) いい天気でした

本日のお題は「純粋に釣りを楽しむ」であった。

GWの出撃は完全に今の琵琶湖に追い付き、13日の琵琶湖チャプターに備えるためで必死であった。

180520 (8) 真っ青な空ー!

この日は久々に何も気にせず釣りをしよう、と決めて出撃。

こんな天気のいい日はボート上でのお弁当を、と自作して持ち込んだ。

180520 (14) 色々入ります

このクーラーバッグは先日の琵琶湖チャプターで5飛び賞でいただいたものだ。

180520 (13) コイツは使えます!

ちょうど買おうと思っていたのだが、コイツはサイズといい収納性といい二重丸。

ミッキーマウスなのがオイラにはポップ過ぎるが・・・

180520 (10) 湖上はまだまだ寒かった・・

GWにはあまりチェック出来なかった最南端からスタート。

全くのノーバイトであったが。。。

■今年はしっかりコーシング

皆さん毎度です、MADです。

運転免許も奪回出来たんでこの2018年は大会もそうだが当ブログもしっかりコーシングしていこうと思う。

180505 (53) 色々ブツを見つけました

まずは我がマリーナの近くにあるセブンパームスさんで拾った小ネタを紹介しよう。

釣り具屋からとんと離れていたオイラは久々にマヂなプロショップを訪れた。

そこでエコカットテールとこんな便利グッズを見つけた。

180506 (2) これは便利!

ネコリグをやる時にめんどくさいのがゴムの輪っかを通る作業。

以前から何か良いモノは無いか、と考えていたオイラはコイツを見てこれだ!と即バイトした。

これだとズレないし一本釣っても外れないし、で一石三丁くらいの便利さ。

どこのメーカーか不明だがオススメの小物でした。

次にオイラ絶賛のジグヘッド。

180513 (29) ドンピシャですな

昨年も力説したがオイラはケイテック社製のジグヘッドを溺愛している。

keitech (2) これしかねぇー!

更にオイラのシークレットはフックのカエシを少し潰す事だ。

こうするとバスの上あごの固い部分でもスッと奥まで刺さる。

ヘッドが直で着いているジグヘッドは頭を振られた時にとてもバレやすい。

バレを防ぐためにフックを奥まで刺す事を優先する戦法だ。

スピニングロッドは柔らかめなので糸を張ってればそんなにバレない。

是非皆さんもジグヘッドのフックのセミバーブレス化にチャレンジしてみよう。

全然大丈夫だから。

最後に最近入手した小ネタを。

またこの武器はご紹介しますんで。


PS.今年はこんなのも仕入れました。
IMG_1143.jpg 

■2018年5月13日琵琶湖チャプター第二戦⑥~サムシング・エルスを求めて~

表彰式を待っているとさすらいのフリッパーこと中村さんにお会いした。

すると7キロ持っている人間の正体が判明した。

と思ったら優勝されてました。スゲー・・・

180513 (52) 2位以下は5キロ台ダンゴ状態

増水時はシャロー、はバス釣りの教科書に必ず出てくるが、誰がやっても釣れるわけでは無いと感じる。

180513 (55) 丁寧に、が印象的でした

この場で何度も言ってるがヘビーテキサスをシャローで打ってるだけで釣れる訳では無い。

人とは違う「何か」があるはずだ。

オイラも人とは違う何か、を身に着けないとイカンな、と思いながらマリーナへ帰還した。

180513 (57) 皆さん、また会いましょう

オイラの順位は3110gで35位でした。

参加者数は60~70名くらいかな?

ま、いつものオイラですな。

180513 (62) 撮影:レイクエックス氏

とりあえず開幕に間に合った安堵感でイッパイだった今戦。

復帰戦としてはまぁ上出来の結果だったかと。

つい一ヶ月前は運転免許すら無かったからね。

さて、次戦の6月17日に向けて来週から練習だ。

運転免許のせいで逆に例年に無く大会へのモチベーションが高い。

今シーズンは何かしら爪痕を残したいね。

次回もフィールドでお会いしましょう、シーヤ!

■2018年5月13日琵琶湖チャプター第二戦⑤~復帰戦は3110g~

ウェイトを計りながらウェイインバッグへバスを入れる。

180513 (45) 型揃い3本

ウェイインに向かうと長蛇の列。

180513 (43)みんなよく釣る

こんな寒い中、みんなどうやって釣ってくるんだ?と皆さんの変態さに呆れながらオイラのウェイイン。

3キロイって!とオイラの気合を入れたら3110gであった。

予想以上のウェイトだったので個人的には満足。

噂では7キロが居るらしい、5キロが多い、とかを聞きながら表彰式に参加した。

180513 (47) これも久々

■2018年5月13日琵琶湖チャプター第二戦④~凍える体でリミットメイク~

下物シャローに舞い戻るが、依然として風雨は強い。

180513 (33) ビルジも大活躍

風に乗って流しながらカットテールを投げていると違和感!

ようやく3本目がバイトしてくれた。

180513 (31) ジグヘッドの掛かり場所サイコー

より回復した固体か1100~1200gくらいあった。

大苦戦の中でのリミットメイクなので船上でヤッター!と一人ガッツポーズ。

ウェアのチョイスに失敗し、凍える体に心打ち砕かれそうになりながらのリミットメイク。

大したウェイトでは無いが、自分との闘いに勝った気がした。

この後は残念ながらノーバイトで大雨の中帰着へ。

180513 (38) 降るね~

ビショビショになりながら恐怖の桟橋着け。

180513 (39) 何とか好位置に着けれました

雨は依然として強い。

スっ転びそうになりながらウェイインへ向かった。。。

プロフィール

MADFISHER

Author:MADFISHER
生年月日:マイケル・アイコネリの次の日、深江真一の前の日
住所:京都→大阪→新宿→八王子→京都
副業:鬼の○物取引営業→仏の○身売買営業
本業:バス釣り、ブログ更新
愛艇:2001年型レンジャーR81VS「ブラックシープ号」
エンジン:2003年型マーキュリーオプティマックス150PS
愛車:2003年型 BMW318iツーリング(E46型) 通称:ブラックサファイア号
自己記録:60cm、4000g(湖西の河口にて)
得意な釣り:1/16ozジグヘッド、マキマキ、POP-R、ネコリグ?
得意技:周りに釣り運を与える、夢想天声
好きなバスプロ:ゼル・ローランド、今江克隆、下野正希、田辺哲男、ゲンさん
愛称:マッドさん
NBCトーナメントデビュー:2002年2月24日京都チャプター第一戦
主な戦績:
2003年2月11日京都チャプター第二戦優勝
2004年9月19日琵琶湖チャプター第五戦優勝
2009年11月8日ポパイバスボートオーナーズカップ優勝

以下奮闘中。。。

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター